幼児が「心」に出会うとき : 発達心理学から見た縦割り保育

子安増生, 服部敬子, 郷式徹 著

少子化時代といわれ、家庭のきょうだいの数が少なくなった今の世の中では、子どもの心が育つ上できょうだいが果たす役割は昔にくらべて小さくなり、むしろ幼稚園や保育所の力が相対的に大きくなった。子どもたちは、人が何を知り、何を信じているか、あるいは喜び・悲み・苦しみ・驚きなど、どんな感情を人が抱いているかを、どのようにおしはかっていくのか。発達心理学を研究する3人の著者が3年間、毎週1度、3〜6歳児が同じクラスで学ぶ「縦割り保育」の幼稚園に出かけ、子どもたちが「心の理解」を発達させていく様子を観察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 縦割り保育のなかで育まれる「信頼感」
  • 第2章 子どもの心が育つ時
  • 第3章 「心の理論」の成長
  • 第4章 一人でできること、仲間とできること
  • 第5章 子どもは心を表現する
  • 第6章 引き出す教育、見守る教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幼児が「心」に出会うとき : 発達心理学から見た縦割り保育
著作者等 子安 増生
服部 敬子
郷式 徹
書名ヨミ ヨウジ ガ ココロ ニ デアウ トキ : ハッタツ シンリガク カラ ミタ タテワリ ホイク
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 2000.10
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4641280428
NCID BA48303515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20114270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想