デカルト、コルネーユ、スウェーデン女王クリスティナ : 一七世紀の英雄的精神と至高善の探求

エルンスト・カッシーラー 著 ; 朝倉剛, 羽賀賢二 訳

プロテスタント諸国の盟主スウェーデン王グスタフ・アドルフの戦死で七歳にして女王となり、一八歳にして親政をはじめるやめざましい能力を発揮して三〇年戦争を終結させたクリスティナ。英明な彼女がデカルトを招聘してまで学びたかったものは何だったのか?突然の退位とカトリックへの改宗は、デカルトの影響によるものか、それとも単なる気まぐれか。独立不羈の英雄的精神は、コルネーユの悲劇に登場するヒロインをも彷彿とさせる。デカルト、コルネーユと謎にみちたバロックの女王。三巨星をめぐり、カッシーラーの省察は冴えわたる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 デカルトとコルネーユ(心理的、道徳的親近性
  • 悲劇概説)
  • 第2部 デカルトとスウェーデン女王クリスティナ(デカルトとクリスティナの改宗
  • 一七世紀における「普遍神学」と自然宗教の問題
  • 一六世紀と一七世紀におけるストア主義の復興
  • デカルトの情念理論と思想史におけるその意義
  • クリスティナ女王と一七世紀における英雄の理想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルト、コルネーユ、スウェーデン女王クリスティナ : 一七世紀の英雄的精神と至高善の探求
著作者等 Cassirer, Ernst
朝倉 剛
羽賀 賢二
カッシーラー エルンスト
書名ヨミ デカルト コルネーユ スウェーデン ジョオウ クリスティナ : ジュウシチセイキ ノ エイユウテキ セイシン ト シコウ ゼン ノ タンキュウ
書名別名 Descartes,Corneille,Christine de Suède

Descartes,Lehre-Persőnlichkeit-Wirkung. (重訳,部分訳)

Dekaruto koruneyu sueden joou kurisutina
出版元 工作舎
刊行年月 2000.9
ページ数 195p
大きさ 22cm
ISBN 4875023332
NCID BA48301972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想