マルティン・ハイデガー

ジョージ・スタイナー 著 ; 生松敬三 訳

カント以後最大の哲学者か、読む者を呪縛する言葉の神秘主義者か。極端に評価の分かれるハイデガー。文芸批評家スタイナーは、ハイデガー特有の語法の秘密をあばき、『存在と時間』の核心に光を当てて主著とナチズム関与との関係を読み解く。思想の現代的意義を検討するとともに、近年の論争も踏まえたハイデガー入門の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いくつかの基本的用語
  • 2 存在と時間
  • 3 ハイデガーの現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルティン・ハイデガー
著作者等 Steiner, George
生松 敬三
スタイナー ジョージ
書名ヨミ マルティン ハイデガー
書名別名 ハイデガー

Martin Heidegger

Marutin haidega
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.9
ページ数 309p
大きさ 15cm
ISBN 4006000278
NCID BA48291551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20103970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想