トロイア戦記

クイントゥス 著 ; 松田治 訳

『トロイア戦記』はホメーロスの『イーリアス』と『オデュッセイア』を架橋する壮大な長編叙事詩である。作者は三世紀のギリシャの詩人クイントゥス。『イーリアス』のあとを受け、アマゾーンの女王の華麗な活躍、戦争の端緒を開いた王子パリスの末路、木馬作戦の顛末、絶世の美女ヘレネーの数奇な運命等、魅力あふれる多数の挿話をちりばめつつ、トロイア崩壊までを描く。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アマゾーンの女王ペンテシレイア
  • メムノーンの悲運
  • アキレウスの最期
  • アキレウス追悼の競技大会
  • アイアースの自殺
  • エウリュピュロスのトロイア来援と勝利
  • アキレウスの嫡子ネオプトレモス
  • エウリュピュロスの死
  • 戦線復帰するピロクテーテース
  • パリス散華
  • 獅子奮迅のアイネイアース
  • 木馬作戦
  • トロイア陥落
  • ギリシャ軍の帰国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トロイア戦記
著作者等 Quintus Smyrnaeus
Quintus, Smyrnaeus, 4th cent.
松田 治
クイントゥス
書名ヨミ トロイア センキ
書名別名 Toroia senki
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.9
ページ数 446p
大きさ 15cm
ISBN 4061594478
NCID BA48270212
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20108176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想