韓国人が知日家になるとき : ある教師の回想六〇年

金昌國 著

日本軍国主義を血肉として育ち、青春時代を強烈な反日教育の中で過ごした私たちの世代は、日本に対し、非常に複雑な心理を持っている。この「私の中の日本」回想記は、図らずも祖国が、植民地時代を経て、日本に対し、反日、克日、知日と、スタンスを変えてきた歴史にそのまま当てはまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 戦時下京城の国民学校で
  • 2章 解放前のわが家の物語
  • 3章 朝鮮戦争下の青春、そして初の訪日
  • 4章 札幌赴任-韓国綜合教育院での四年間
  • 5章 日本で不思議に思ったこと
  • 6章 再びソウルに戻って
  • エピローグ 反日から知日への道のり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国人が知日家になるとき : ある教師の回想六〇年
著作者等 金 昌國
金 昌国
書名ヨミ カンコクジン ガ チニチカ ニ ナル トキ : アル キョウシ ノ カイソウ ロクジュウネン
書名別名 Kankokujin ga chinichika ni naru toki
出版元 平凡社
刊行年月 2000.8
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4582454240
NCID BA48267976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20108315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想