科学者の自由な楽園

朝永振一郎 著 ; 江沢洋 編

京都に転校し「よくメソメソ泣いていた」病気がちの少年時代。大学は出たけれど、疲労困憊し劣等感にとりつかれていたころ出会う生涯の恩師。自身、けっして平坦ではなかったという、その道程が、感性の豊かな、思いやりの深い、ひとりの物理学者を生むことになった。ここに収められた随筆、講演、紀行文の随所に、その温かな眼差しが感じられる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いま・むかし(父
  • 京都と私の少年時代 ほか)
  • 学ぶ(好奇心について
  • 物理学あれやこれや ほか)
  • わが師・わが友(わが師・わが友
  • 仁科先生 ほか)
  • 楽園(研究生活の思い出
  • 科学者の自由な楽園 ほか)
  • 紀行(北京の休日
  • ソ連視察旅行から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学者の自由な楽園
著作者等 朝永 振一郎
江沢 洋
書名ヨミ カガクシャ ノ ジユウナ ラクエン
書名別名 Kagakusha no jiyuna rakuen
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.9
ページ数 460p
大きさ 15cm
ISBN 4003115228
NCID BA48218416
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20114290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想