ビアス短篇集

ビアス 著 ; 大津栄一郎 編訳

『悪魔の辞典』のビアスはまた、芥川竜之介が「短編小説を組み立てさせれば彼ほど鋭い技巧家は少ない」と称賛した短篇小説の名手である。北軍の義勇兵として南北戦争の激戦地で戦い続けたビアスは、この戦争で人間の生死をつぶさに眺め、人間をみつめ、社会を知った。短篇集『いのちの半ばに』他から15篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビアス短篇集
著作者等 Bierce, Ambrose
大津 栄一郎
ビアス
書名ヨミ ビアス タンペンシュウ
書名別名 Biasu tanpenshu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.9
ページ数 268p
大きさ 15cm
ISBN 4003231236
NCID BA48218165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20114288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想