郊外の風景 : 江戸から東京へ

樋口忠彦 著

人の生息地として郊外はどうあるべきか。江戸と東京に学ぶ"生きられる風景"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸の四季の名所
  • 第2章 新しい郊外観
  • 第3章 郊外生活の流行と田園都市論
  • 第4章 田舎住居と隠遁と散策
  • 第5章 郊外住宅地開発と東京緑地計画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 郊外の風景 : 江戸から東京へ
著作者等 樋口 忠彦
書名ヨミ コウガイ ノ フウケイ : エド カラ トウキョウ エ
シリーズ名 江戸東京ライブラリー 14
出版元 教育
刊行年月 2000.8
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 4316358308
NCID BA48210119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20103506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想