動作療法 : まったく新しい心理治療の理論と方法

成瀬悟策 著

本書は、わが国オリジナルに生まれ、最近十数年の間に急速に発達・展開しつつある動作療法というまったく新しいタイプの心理治療についての理論と方法の現状を述べたものである。一般に心理治療といえばことばを手段にするものと決まっているのに対して、ここでは主として動作というコミュニケーションによりクライエントの生活体験の仕方の治療的な変化を援助しようとするもので、その際ことばは補助として用いられるだけである。その方法は広範な心理臨床のあらゆる分野でそれぞれに著しい成果の挙がることがこれまでさまざまに報告されている。現場で急増する仲間たちの要望にも対応し、また現時点での心理的な立場を明確にし、今後のさらなる展開を占うため、これまでの成果にもとづいて理論と方法を中心にまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 動作療法への序章
  • 2 動作と動作法
  • 3 心理治療における体験
  • 4 動作療法
  • 5 動作療法におけるインテーク
  • 6 動作療法のプロセス
  • 7 動作療法における援助
  • 8 動作課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動作療法 : まったく新しい心理治療の理論と方法
著作者等 成瀬 悟策
書名ヨミ ドウサ リョウホウ : マッタク アタラシイ シンリ チリョウ ノ リロン ト ホウホウ
書名別名 Dosa ryoho
出版元 誠信書房
刊行年月 2000.9
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 441440195X
NCID BA4820628X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想