現代議会主義の精神史的地位

カール・シュミット 著 ; 稲葉素之 訳

ナチス政権下の公法学者であったシュミット。ワイマール体制下、議会制民主主義を批判し、独裁理論を考察しながら、ドイツの新しい政体を模索した問題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民主主義と議会主義
  • 第2章 議会主義の諸原理
  • 第3章 マルクス主義思想における独裁
  • 第4章 議会主義の敵・直接的暴力行使の非合理主義的諸理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代議会主義の精神史的地位
著作者等 Schmitt, Carl
稲葉 素之
シュミット カール
書名ヨミ ゲンダイ ギカイ シュギ ノ セイシンシテキ チイ
書名別名 Die geistesgeschichtliche Lage des heutigen Parlamentarismus. (第2版)

Gendai gikai shugi no seishinshiteki chii
シリーズ名 みすずライブラリー
出版元 みすず書房
刊行年月 2000.9
ページ数 121, 4p
大きさ 19cm
ISBN 4622050595
NCID BA48199027
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20100440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想