服飾評論家が見てきた洒落者たちの風景 : なぜ、ケネディはボタンダウンを着なかったか

落合正勝 著

日本人の洋装は、長い歴史から考察すれば、まだほんのわずかな時間が経過したにすぎません。我々はスーツもネクタイも作り得ず、ましてボタンダウンも考案せず、明治以来オリジナリティを有する装いは、何も作ってはこなかったのです。すべては西洋の秩序なき模倣の類です。その現状は今でも続いています。だからこそ、ここらで一度自分たちの服装が、(西洋人に比して)正しいのか正しくないのかを振り返る必要があると思うのです。…難しいことは何もありません。問題は、装うことより、過ちを犯さないためのルールを覚えることです。服に先立ちルールを身につけさえすれば、大きな失敗はあり得ません。この書は、そのための基本的法則を述べた簡単な手引き書と思っていただければ幸いです(本書「まえがき」より)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 男服短評
  • 第2章 ファッション時評
  • 第3章 男の持ちモノ
  • 第4章 ゴルフアイテムについての考察
  • 第5章 紳士のスタイル
  • 第6章 洒落者たちの風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 服飾評論家が見てきた洒落者たちの風景 : なぜ、ケネディはボタンダウンを着なかったか
著作者等 落合 正勝
書名ヨミ フクショク ヒョウロンカ ガ ミテキタ シャレモノタチ ノ フウケイ : ナゼ ケネディ ワ ボタンダウン オ キナカッタカ
出版元 はまの
刊行年月 2000.6
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4893613049
NCID BA48198614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想