健康管理概論 : 第六次改定日本人の栄養所要量準拠

東あかね, 石榑清司 編

健康管理が大切であることはわかっていても、人は管理されることを好みません。これからの保健医療従事者の役割は、人々が管理されることから脱却し、自己管理によって健康的な行動をとれるように支援していくことにあると考えられます。特に生きていく上での楽しみの1つである食生活の支援を行う活動こそ、管理的な態度からの転換が求められています。生活習慣病という言葉が定着し、個人の自己責任がいっそう強調されていますが、これらの病気は老化と遺伝の影響も多く受けているのです。私たちは自然の摂理にあくまでも謙虚に、それだからこそ健康増進の取り組みをあらゆる分野にわたってねばり強く進めていく必要があるのでしょう。本書がそれらの活動に携わろうと志している人々の参考になり、子どもから高齢者までの人生を支える健康のさらなる発展につながっていくことを期待しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 健康の概念
  • 2 健康の現状
  • 3 健康の増進と施策・対策
  • 4 健康管理
  • 5 健康管理の実際

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 健康管理概論 : 第六次改定日本人の栄養所要量準拠
著作者等 東 あかね
石榑 清司
書名ヨミ ケンコウ カンリ ガイロン : ダイ ロクジ カイテイ ニホンジン ノ エイヨウ ショヨウリョウ ジュンキョ
書名別名 Kenko kanri gairon
シリーズ名 栄養科学シリーズNEXT / 中坊幸弘, 山本茂 総編集
出版元 講談社
刊行年月 2000.9
ページ数 138p
大きさ 26cm
ISBN 4061553194
NCID BA48192593
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20106872
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想