女子師範学校の全容

新福祐子 著

女子師範学校の歴史は、男子師範学校からの分離、合流を繰り返す存在で、教員養成の機関としての栄光は、昭和二十六年の卒業生と共に消え、その卒業生も教育現場を去ろうとしている。本書は、大学附属図書館、府県立図書館、同窓会、婦人校長先生らの協力によって収集した資料にもとづくものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 女子師範学校の一般論(女子師範学校黎明期
  • 師範学校女子部時代
  • 女子師範学校発展期 ほか)
  • 第2編 女子師範学校の各論(北海道師範学校
  • 青森県女子師範学校
  • 岩手県女子師範学校 ほか)
  • 第3編 資料(女子師範学校長の移動
  • 統計資料)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女子師範学校の全容
著作者等 新福 祐子
書名ヨミ ジョシ シハン ガッコウ ノ ゼンヨウ
出版元 家政教育社
刊行年月 2000.9
ページ数 1100p
大きさ 22cm
ISBN 4760603301
NCID BA48171913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想