吸油性材料の開発

村上 謙吉;阿部 潔【ほか著】

本書は、吸油性材料について、その原理、素材の開発、応用製品の開発をテーマに一冊の情報として編集。素材は無機系として、クレー、非晶質シリカ、天然繊維として、カポック繊維、有機系として金属石けん類、ベンジリデンソルビトールなどを取り上げ、応用製品として、不織布系の吸油性材料、油処理剤からワイパーまで網羅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 吸油(非水溶液)の原理とその構造-主としてポリマーに対しての構造変化と物性変化(ポリマーの架橋構造
  • 一次架橋構造とその物性に関する最近の研究-幽霊架橋と実質架橋との比較)
  • 第2章 吸油性材料の開発(無機系
  • 天然系吸油性材料-カポック繊維
  • 有機系吸油性材料 ほか)
  • 第3章 吸油性材料の応用と製品(吸油性材料
  • 不織布系吸油性材料
  • 固化型油吸着材 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吸油性材料の開発
著作者等 村上 謙吉
阿部 潔
書名ヨミ キュウユセイ ザイリョウ ノ カイハツ
書名別名 吸油性材料の開発と応用

Kyuyusei zairyo no kaihatsu
シリーズ名 CMC books
出版元 シーエムシー
刊行年月 2000.7
版表示 普及版
ページ数 178p
大きさ 21cm
ISBN 4882310805
NCID BA48162730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想