消泡剤の応用

佐々木恒孝 監修

本書においては泡対策の中で特に重要視される薬剤による消泡、即ち化学消泡を中心とした諸問題につきまず第1章ではそれらの正しい理解と的確な実施に欠くことのできない泡沫生成の基礎的知見、特に泡の安定化、不安定化の機構と原理を述べ、第2章以降で各産業分野に亘りそれぞれ専門の立場から化学消泡その他の消泡対策の現況につき詳細適切な記述を行っている。以上のような構成内容は消泡技術の基礎概念の把握と消泡対策実施の指針として必至であると考えるが、本書をそのような企画目的に有効に役立てて頂ければ幸いである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 泡・その発生・安定化・破壊
  • 消泡理論の最近の展開
  • シリコーン消泡剤
  • バイオプロセスへの応用
  • 食品製造への応用
  • パルプ製造工程への応用
  • 抄紙工程への応用
  • 繊維加工への応用
  • 塗料、インキへの応用
  • 高分子ラテックスへの応用
  • 水中コンクリートへの応用
  • フライ油への消泡剤の応用
  • 潤滑油の泡立ちと消泡について
  • 水系加工油への応用-切削油
  • 排水処理における消泡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消泡剤の応用
著作者等 佐々木 恒孝
書名ヨミ ショウホウザイ ノ オウヨウ
書名別名 消泡剤の最新応用技術

Shohozai no oyo
シリーズ名 CMC books
出版元 シーエムシー
刊行年月 2000.8
版表示 普及版
ページ数 218p
大きさ 21cm
ISBN 4882310791
NCID BA48162559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20184220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想