リスク学事典

日本リスク研究学会 編

本書では、リスク学の領域を8章に分け、章ごとのはじめに概説を配し、章全体が見渡せるような記述とした。概説に続く中項目は各章15前後で構成し、原則見開き2頁で解説した。また中項目で解説できなかった専門用語を簡素に説明し、小項目として巻末に配した。117の中項目は、原則1項目見開き2頁で平明に解説。中項目の本文は、題目を定義するのがやさしい場合は「定義」と「解説」の形式にし、題目の定義が難しい場合は、取り扱う領域を「領域」で示し、「内容」に続ける形式にした。中項目ごとに引用・参考文献を紹介した。また、巻末に専門用語・特定用語を解説する用語集(小項目)を配した。索引用語には英文を併記した。付録としてリスク研究関連ホームページ一覧を掲載した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リスク学の領域と方法
  • 第2章 健康被害と環境リスクへの対応
  • 第3章 自然災害と都市災害への対応
  • 第4章 高度技術リスクと技術文明への対応
  • 第5章 社会経済的リスクとリスク対応社会
  • 第6章 リスク評価の科学と方法
  • 第7章 リスクの認知とコミュニケーション
  • 第8章 リスクマネジメントとリスク政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスク学事典
著作者等 日本リスク研究学会
書名ヨミ リスクガク ジテン
書名別名 Handbook of risk research
出版元 ティビーエス・ブリタニカ
刊行年月 2000.9
ページ数 375p
大きさ 27cm
ISBN 4484004070
NCID BA48122634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20118860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想