近世における百姓の土地所有 : 中世から近代への展開

神谷智 著

[目次]

  • 第1部 中世から近世へ(中近世移行期における土地売買と村落
  • 近世初中期における質地証文と百姓高請地所持
  • 近世百姓の屋敷地について)
  • 第2部 近世から近代へ(近世中期における村内質地関係について-甲州山梨郡下井尻村を例として
  • 近世中期における高請地把握と質地慣行の変化
  • 地券発行下の土地売買譲渡について-近代的土地所有権再考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世における百姓の土地所有 : 中世から近代への展開
著作者等 神谷 智
書名ヨミ キンセイ ニ オケル ヒャクショウ ノ トチ ショユウ : チュウセイ カラ キンダイ エノ テンカイ
シリーズ名 歴史科学叢書
出版元 校倉書房
刊行年月 2000.9
ページ数 360p
大きさ 22cm
ISBN 4751731106
NCID BA4809373X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20109689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想