強制収容所における「生」

高橋三郎 著

ナチスの強制収容所文献を素材に、強制収容所を「生きのびる」ことの意味を問う。ホロコースト・ブームの遙か以前、1974年に発表されながら、絶版によって永らく入手困難であった先駆的著作が、今ここに甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 強制収容所を「生きのびる」ということ
  • 第2章 「生」の諸条件
  • 第3章 プロミネント-特権を与えられた囚人
  • 第4章 適者生存-「壊れない」人びとの一類型
  • 第5章 精神の死と肉体の「生」
  • 結びにかえて-プロミネントと「回教徒」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強制収容所における「生」
著作者等 高橋 三郎
書名ヨミ キョウセイ シュウヨウジョ ニ オケル セイ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2000.9
版表示 新装版
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 4790708284
NCID BA48020226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20108202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想