日本警察腐敗の構造

小林道雄 著

モミケシ、でっち上げ、捜査の不手際、裏金作りなど次から次へと明るみに出る警察不祥事の数々。ここに来て、一挙に腐敗が進行したのか?それとも、これまでの病巣がたまたま摘出されているだけなのか?現役・退職警察官への取材活動をもとに、日本警察の抱える問題と絶望的な状況を指摘しつづける著者が、腐敗の深層へと斬り込んだ名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不祥事を招く条件
  • 第2章 犯罪を生む環境
  • 第3章 ヤクザと警察-癒着の構造
  • 第4章 資格なき資格者たち
  • 第5章 抑圧されているノンキャリア
  • 第6章 なぜ関西に不祥事が多いのか
  • 第7章 まかり通る公安の不正
  • 第8章 暴力化する警察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本警察腐敗の構造
著作者等 小林 道雄
書名ヨミ ニホン ケイサツ フハイ ノ コウゾウ
書名別名 日本警察腐蝕の構造

Nihon keisatsu fuhai no kozo
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.8
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 4480035834
NCID BA48016499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20099061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想