明治文学遊学案内

坪内祐三 編

文学の大きな森へようこそ!明治文学を楽しむ達人がセレクトした、決定版ガイド・アンソロジー。"愉しみ""発見""回想"という三部構成の中に、明治の作家・作品が織りなす世界が、活き活きと立ち上がってきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 明治文学の愉しみ(その「新しさ」を読む
  • 明治の作家は、ダイナミックで、しょっちゅう喧嘩していて、まったく手に負えない不良であって、そこんとこがたまんなくいいのです。
  • ふと口にしてしまう-黙阿弥の台詞 ほか)
  • 第2部 明治文学の発見(近代日本の作家の生活
  • 近代小説概念の形成
  • 湯島天神と丸善-硯友社における江戸と西洋 ほか)
  • 第3部 明治文学の回想(斎藤緑雨と内田不知菴
  • 二葉亭余談
  • 硯友社と文士劇 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治文学遊学案内
著作者等 坪内 祐三
書名ヨミ メイジ ブンガク ユウガク アンナイ
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.8
ページ数 311p
大きさ 19cm
ISBN 4480823425
NCID BA48010550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20101824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想