生と死のケアを考える

カール・ベッカー 編著

日本社会の崩壊の根底にある、個人の「死生観」のゆらぎをどう建て直すか。ターミナルケア、エイズ、教育、法医学、心理学、宗教などの視点から「人の死」の真実を見つめ、命の本質を問う、第一線12人による力作論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポルノ化した「死」
  • 1 生と死をどう考えるか(学校で「死」を教える
  • 死にゆく過程と人生の物語
  • 死をめぐる共同体-葬送を通して見えてくるもの
  • ふつうの死)
  • 2 医師・患者・ボランティア(ケアの力学
  • 医師に求められるもの
  • 来世を信じることは死の不安をやわらげるか-がん医療の現場から
  • 韓国のホスピス運動)
  • 3 ホスピスとターミナルケア(末期医療へのあらたなる視座
  • スピリチュアルケアということ
  • 患者のこころを支えるために-ホスピスとビハーラにおける宗教的援助の試み
  • 日本的なターミナルケアを目指して-患者の生と死の質をどう評価するか)
  • 命のゆらぐ時代を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生と死のケアを考える
著作者等 Becker, Carl B
Becker Carl
ベッカー カール
書名ヨミ セイ ト シ ノ ケア オ カンガエル
出版元 法藏館
刊行年月 2000.9
ページ数 325p
大きさ 22cm
ISBN 4831872644
NCID BA48005652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20140902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想