地理から見た信長・秀吉・家康の戦略

足利健亮 著

[目次]

  • 信長編(濃尾の覇者となる-地形と戦略
  • 信長はなぜ安土を選んだか
  • 光秀、謀反の道-唐櫃越)
  • 秀吉編(聚楽第とお土居-秀吉の京都城下町構想
  • 伏見城と城下町成立の意味)
  • 家康編(徳川家康が江戸を選んだ理由)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地理から見た信長・秀吉・家康の戦略
著作者等 足利 健亮
書名ヨミ チリ カラ ミタ ノブナガ ヒデヨシ イエヤス ノ センリャク
書名別名 Chiri kara mita nobunaga hideyoshi ieyasu no senryaku
出版元 創元社
刊行年月 2000.8
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4422201409
NCID BA48002756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20111400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想