脳と体温 : 暑熱・寒冷環境との戦い

彼末一之, 中島敏博 著

われわれの体温は生まれてから死ぬまで三七℃付近に保たれ、そこから数℃以上ずれることはほとんどない。ヒトの体は水(H2O)が大きな割合を占めているが、もし体重七〇kgと同じ量(七〇リットル)の水の温度を三七℃に維持しなければならないとしたらどうであろうか。サーモスタットとヒーターを買ってくれば簡単だと考えられるかもしれない。しかしそれで六十年、七十年にもわたって故障なく働くことが期待できるだろうか?われわれの体はこの仕事をほとんど問題なく成し遂げているのである。このすばらしいシステムについて述べるのが本書の主題であり、そのなかでもとくに脳機構に関係したことを中心に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 体温調節の意味-体温はなぜ三七℃か?
  • 温度の受容機構-脳は温度計を持っている
  • 体温調節反応-効果器はほとんど借り物
  • 神経機構(温度求心路と体温調節「中枢」
  • 遠心路)
  • 発熱と解熱-脳は解熱物質を作る
  • 体温調節の原理
  • いろいろな体温変動-いつもいつも三七℃ではない
  • 座談会 体温調節のメカニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と体温 : 暑熱・寒冷環境との戦い
著作者等 中島 敏博
彼末 一之
書名ヨミ ノウ ト タイオン : ショネツ カンレイ カンキョウ トノ タタカイ
書名別名 No to taion
シリーズ名 ブレインサイエンス・シリーズ / 大村裕, 中川八郎 編 23
出版元 共立
刊行年月 2000.9
ページ数 212p
大きさ 21cm
ISBN 4320054008
NCID BA47982637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20101764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想