マンションは大丈夫か : 住居として資産として

小菊豊久 著

都市に暮らす多くの日本人が生活の基盤とし、「2DK」「3DK」なる珍妙な和製英語で呼ばれる類型的な間取りとして定着したマンション。大正デモクラシーに源流をもつこの集住形式が日本に登場しておよそ八十年。その矛盾は、はからずもバブルの崩壊と阪神大震災によって露呈した。今こそ、「大邸宅」という本来の意味にふさわしいマンション像を考える時ではないのか。これからもマンションに住み、マンションと暮らしてゆくために-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 住宅の価値とは何か?
  • 第2章 マンションの源流を溯る
  • 第3章 マンションは進化したか?
  • 第4章 壊れゆくマンション
  • 第5章 生き残るマンション像
  • 第6章 管理費の謎
  • 第7章 長く暮らすための条件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンションは大丈夫か : 住居として資産として
著作者等 小菊 豊久
書名ヨミ マンション ワ ダイジョウブ カ : ジュウキョ ト シテ シサン ト シテ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.8
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4166601199
NCID BA47943205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想