エジプト王国三千年 : 興亡とその精神

吉成薫 著

ナイルという偉大な母が生んだ空前の文明。最初のファラオから三千年、最後の女王クレオパトラがローマの手から守ろうとしたエジプトとは何だったのか。強大な王権のもと、大神殿を造り、文字・暦を生み出し、三十にも及ぶ王朝の繁栄を実現した古代エジプトの歴史とその精神世界を描き尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 興亡三千年(ナイルの賜
  • 王権の形成
  • 異民族の侵入と新王国の成立
  • アマルナ宗教改革そしてラメセスの登場
  • グレコ・ローマン時代へ)
  • 第2部 古代エジプト人の精神世界(エジプト人の時空間
  • 文字と文学
  • 古代エジプトの宗教と芸術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エジプト王国三千年 : 興亡とその精神
著作者等 吉成 薫
書名ヨミ エジプト オウコク サンゼンネン : コウボウ ト ソノ セイシン
書名別名 Ejiputo okoku sanzennen
シリーズ名 講談社選書メチエ
出版元 講談社
刊行年月 2000.8
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 4062581906
NCID BA47930043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20095072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想