魔女裁判 : 魔術と民衆のドイツ史

牟田和男 著

16〜17世紀、魔女の烙印を押され、迫害を受けた人びとがいた。その告発は民衆のなかから沸き起こり、大勢の無実の人びとが処刑された。魔女裁判はどのように行なわれたのか。ドイツ史のなかの魔術と民衆をみつめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「魔女」というイメージ(魔女犯罪の中身
  • 初期の魔女裁判)
  • 大迫害時代(近世の刑事司法
  • 学識法曹とドイツの魔女裁判 ほか)
  • なぜ女性なのか(魔女迫害の論理と心理
  • 女性の犯罪 ほか)
  • 現代の「魔女狩り」(呪術師と批判者
  • 怪しげな文献)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魔女裁判 : 魔術と民衆のドイツ史
著作者等 牟田 和男
書名ヨミ マジョ サイバン : マジュツ ト ミンシュウ ノ ドイツシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 102
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.9
ページ数 197p
大きさ 19cm
ISBN 4642055029
NCID BA47928132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20183949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想