空飛ぶガチョウはなぜ太らないか : ヒトと動物の進化戦略

E.P.ウィドマイアー 著 ; 今福道夫 訳

1分間に600回も心臓を打つトガリネズミ、75分以上も水中に潜っていられるウェッデルアザラシ、ヒマラヤ山脈を楽々と飛び越えるインドガン…。ヒトを含めた動物たちは、厳しい自然環境に適応するため、驚くべきしくみを進化させた。生理学者のウィドマイアー博士が、そんな動物たちの謎を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 種は違っても、問題は同じ
  • 2章 昼食にチーズバーガー一〇〇〇個!?
  • 3章 もうお腹はいっぱい!
  • 4章 水を飲むのも一苦労
  • 5章 酸素-生命の息吹
  • 6章 圧力のもとの動物たち
  • 7章 冷やす-コウモリの翼とゾウの耳
  • 8章 外界を知覚する
  • 9章 石器時代のストレス
  • 10章 これからの進化
  • エピローグ 生理学とは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空飛ぶガチョウはなぜ太らないか : ヒトと動物の進化戦略
著作者等 Widmaier, Eric P
今福 道夫
Widmaier Eric P.
ウィドマイアー E.P.
書名ヨミ ソラ トブ ガチョウ ワ ナゼ フトラナイカ : ヒト ト ドウブツ ノ シンカ センリャク
書名別名 Why geese don't get obese(and we do)
出版元 化学同人
刊行年月 2000.7
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 4759808574
NCID BA47926239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20177977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想