辛口・英語ユーモア

鈴木進, 大島希巳江, L.G.パーキンズ 著

ユーモアの機能の一つに、相手に伝えたいメッセージをそのまま言うよりも、より強烈に伝えることができる、という効果がある。「君はケチだ」と言われるよりも、誇張されたドケチなジョークを言われるほうが身にしみる。辛口ジョークの裏に隠された、本当の意味を理解することによって、多くの人間像を垣間見ることができるのである。短い言葉の痛烈なジョークで相手をギャフンと言わせるジョーク集。耳が痛い話もきっと笑いとばせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 侮辱のユーモア(間抜け話
  • お金の話 ほか)
  • 2 こきおろしのユーモア(呑んべえと酔っ払いの話
  • おしゃべりの話 ほか)
  • 3 性にまつわるユーモア(夫婦の話
  • 男性の話 ほか)
  • 4 一口噺のユーモア(言葉遊び
  • 言葉の一口ジョーク ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 辛口・英語ユーモア
著作者等 Perkins, Leo
Perkins, Leo Glessner
大島 希巳江
鈴木 進
Perkins Leo G.
パーキンズ L.G.
書名ヨミ カラクチ エイゴ ユーモア
書名別名 Karakuchi eigo yumoa
シリーズ名 丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 2000.8
ページ数 170p
大きさ 18cm
ISBN 4621053256
NCID BA47920753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20106758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想