物語オーストラリアの歴史 : 多文化ミドルパワーの実験

竹田いさみ 著

APEC提案、カンボジア和平の国連提案、農業貿易の自由化など、オーストラリアは国際社会の構想を次々と実現してきた。中規模な国家ながらベンチャー精神にあふれた対外政策はどこから生まれてきたのか。さらにアジア系移民が暮らす多文化社会は、かつての白豪主義からの一八〇度の転換であり、社会革命といえる。英帝国、米国、アジア諸国との関係を軸に一五〇年の歴史空間を描き、新しい国家像の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 揺れる自画像とアイデンティティ
  • 第2章 理想社会の建設-白豪主義とアジア系労働者問題
  • 第3章 ヨーロッパの世界分割競争に翻弄される-英帝国の敵
  • 第4章 対外脅威と安全保障-日本問題の登場
  • 第5章 大国政治への関与と挫折-国連外交と冷戦の戦士
  • 第6章 多文化ミドルパワーの国家像-ベンチャー型中企業国家への模索

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語オーストラリアの歴史 : 多文化ミドルパワーの実験
著作者等 竹田 いさみ
書名ヨミ モノガタリ オーストラリア ノ レキシ : タブンカ ミドル パワー ノ ジッケン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.8
ページ数 296p
大きさ 18cm
ISBN 4121015479
NCID BA47904983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20115361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想