情報の創出とデザイン

安西祐一郎 ほか著

適切なユーザインタフェースや情報通信ネットワーク環境によって、人間の認識や行動に沿って自然に情報を扱えるような環境が得られれば、情報は自ずから創出されると言っても過言ではない。人間は適切な環境に置かれれば、情報を創出し、共有して生きる動物だからである。そうした環境をいかにデザインするかが、情報の創出を方向づける。創出もデザインも、与えられた刺激に対する受動的な行動ではなく、創り出す情報に価値を見出す積極的な行動、つまり「活動」としてはじめて意義がある。本書は、人間と技術が相補い、時には矛盾しあいながら、新しい情報を創造するための「活動」に関する本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報編集とヒューマンインタフェース(ヒューマンインタフェースとは?
  • コンピュータのインタフェースの歴史 ほか)
  • 2 マルチメディア情報の創出支援ツール(マルチメディア情報創出のためのソフトウェア
  • ビジュアルプログラミング ほか)
  • 3 協同作業による情報創出支援(協同作業とグループウェア
  • 協同作業支援システム ほか)
  • 4 マルチメディアシステムデザイン(マルチメディア再考
  • 感覚様相の重要性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報の創出とデザイン
著作者等 中谷 多哉子
安西 祐一郎
小澤 英昭
岡田 謙一
黒須 正明
小沢 英昭
浜田 洋
書名ヨミ ジョウホウ ノ ソウシュツ ト デザイン
シリーズ名 岩波講座マルチメディア情報学 9
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.8
ページ数 230p
大きさ 23cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4000109693
NCID BA47901420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20103538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想