幼稚園が変わる保育所が変わる : 自治体発:地域で育てる保育一元化

森田明美 編著

本書は、それぞれの自治体が抱える子どもたちの現状から出発し、これからの子どもたちの育ちや子育てを、これまで培ってきた幼稚園や保育所の実践や施設を使って、どのように進め、つくり変えていくかという願いをつないだ本である。どのように変わったか、その評価はいまだ定まらないものの、関係者が苦しい財政の中で新しい形を探っているのは確かである。本書を『幼稚園が変わる 保育所が変わる-自治体発:地域で育てる保育一元化』としたのには、そうした意味がこめられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 保育一元化がなぜ必要なのか(幼稚園・保育所の施設の共用化の現状と保育一元化は何が違うか
  • 保育一元化を考える
  • 公立幼稚園の現状から考える公的な保育制度に求められている課題
  • 保育一元化Q&A)
  • 第2章 自治体発:保育一元化へのとりくみ(1990年代の保育一元化
  • 公立幼稚園が変わる
  • 公立保育所が変わる
  • 同和保育のとりくみの中で ほか)
  • 第3章 資料:これからの幼稚園・保育所を考えるために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幼稚園が変わる保育所が変わる : 自治体発:地域で育てる保育一元化
著作者等 森田 明美
書名ヨミ ヨウチエン ガ カワル ホイクジョ ガ カワル : ジチタイ ハツ チイキ デ ソダテル ホイク イチゲンカ
書名別名 Yochien ga kawaru hoikujo ga kawaru
出版元 明石書店
刊行年月 2000.8
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 4750313181
NCID BA47889551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20105174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想