不幸になりたがる人たち : 自虐指向と破滅願望

春日武彦 著

虎に喰われたかったのに熊に喰われて昇天してしまった主婦、葬式代がないからとアパートの床下に妻の遺体を埋めた夫、電動式自動遙拝器を作ってただひたすら「供養」する男などなど-世の中にはときどき、不幸や悲惨さを自分から選びとっているとしか思えない人たちがいる。しかし彼らは、この過酷な人生を生きてゆくために、奇妙なロジックを考えだし、不幸を先取りしなければ生きてゆけなくなった人たちなのだ。あなたの隣の困った人たち、それはもしかしたら私たち自身の姿なのかもしれない…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理解しかねる隣人たち(不自然な人たち
  • ああ、そうですか
  • 大晦日の電車 ほか)
  • 第2章 奇妙な発想・奇矯な振る舞い(幸運の法則
  • 運勢曲線
  • 不幸の先取りについて ほか)
  • 第3章 悲惨の悦楽・不幸の安らぎ(熊に喰われる
  • 虎と熊
  • 二十六時間の誘拐 ほか)
  • 第4章 グロテスクな人びと(変人たち
  • 狂気予備軍
  • 供養する男 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不幸になりたがる人たち : 自虐指向と破滅願望
著作者等 春日 武彦
書名ヨミ フコウ ニ ナリタガル ヒトタチ : ジギャク シコウ ト ハメツ ガンボウ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.7
ページ数 193p
大きさ 18cm
ISBN 416660113X
NCID BA47853179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想