ドーピング : スポーツの底辺に広がる恐怖の薬物

高橋正人, 立木幸敏, 河野俊彦 著

ますます巧妙になる手段と効果的な新薬の登場で、スター選手による禁止薬物の使用が絶えず、一般のスポーツ愛好者にも汚染は広がっている。一時のパワーアップに喜んだ後に来る劇的な副作用の怖さを知ろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 広がるドーピング汚染(根深いドーピング汚染
  • 遅れる日本の対応 ほか)
  • 第2章 トーピングの方法とその検査法(ドーピングの実際
  • ドーピング検査の方法)
  • 第3章 ドーピングの副作用(トップ選手の死
  • 副作用の実際 ほか)
  • 第4章 一般スポーツ愛好者のドーピング汚染(底辺汚染の実態
  • ドーピング・カウンセリング)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドーピング : スポーツの底辺に広がる恐怖の薬物
著作者等 河野 俊彦
立木 幸敏
高橋 正人
書名ヨミ ドーピング : スポーツ ノ テイヘン ニ ヒロガル キョウフ ノ ヤクブツ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2000.8
ページ数 143, 14p
大きさ 18cm
ISBN 4062572990
NCID BA47850658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想