日常生活の法医学

寺沢浩一 著

法医学は意外に私たちの身近にある。火事場の死体でも焼死とは限らないし、病死の原因に交通事故が隠れていることもある。事実の解明は、遺族の思いから保険金の支払いにまで関わりを持つのだ。検案・解剖で死因や死後経過時間を推定し、死者の身許を確かめる法医学者の仕事から、現代社会の生と死のありようを見つめ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人が死ぬとどうなるか
  • 第2章 解剖に附すか
  • 第3章 死因を推定する
  • 第4章 事故死か病死か
  • 第5章 現代の医療と法医学
  • 第6章 法医学のこれから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日常生活の法医学
著作者等 寺沢 浩一
書名ヨミ ニチジョウ セイカツ ノ ホウイガク
書名別名 Nichijo seikatsu no hoigaku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.8
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4004306876
NCID BA47848984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20105101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想