高島善哉-その学問的世界 : シンポジウム

渡辺雅男 編

甦る高島社会科学の精髄。問題関心の果てしない広がりと、つねに問題提起を秘めていた高島の全学問的営為に、気鋭の教え子たちが挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基調講演 高島善哉の社会科学
  • 第1部 高島善哉の経済学批判(高島善哉-経済社会学の探求
  • 高島先生と「市民社会論」とスミス ほか)
  • 第2部 高島善哉の社会科学的問題提起(高島善哉における民族と階級
  • 社会科学の方法意識『マルクスとヴェーバー』の意義について ほか)
  • 第3部 高島善哉の政治的コミットメント(高島善哉の政治活動への関わり-新たに確認された資料と党との関係について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高島善哉-その学問的世界 : シンポジウム
著作者等 渡辺 雅男
書名ヨミ タカシマ ゼンヤ ソノ ガクモンテキ セカイ : シンポジウム
出版元 こぶし書房
刊行年月 2000.7
ページ数 221p
大きさ 21cm
ISBN 4875591470
NCID BA47848430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20090670
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想