ここまできた立体映像技術 : 究極のディスプレイをめざして

志水英二, 岸本俊一 著

立体映像技術は、非常に高いレベルに達している。さまざまな応用が提案され、すでに市場に出ているものもたくさんある。たとえば、アミューズメント分野では立体シアター、医療分野では外科手術など、さらに教育(博物館・美術館)関連分野でも本格的な展開が計られている。本書では、この立体映像技術の現状と課題を明らかにするとともに、将来展望をも試みている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人はなぜ立体視ができるのか?-立体ディスプレイへの仕掛け
  • 第2章 2次元映像から立体映像へ
  • 第3章 メガネ式立体ディスプレイ
  • 第4章 メガネなし方式立体ディスプレイ
  • 第5章 立体ディスプレイの基盤技術-液晶ディスプレイ(LCD)について
  • 第6章 ホログラフィ
  • 第7章 立体映像ソフトの作り方
  • 第8章 立体映像で何ができるか?
  • 第9章 立体放送へのアプローチ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここまできた立体映像技術 : 究極のディスプレイをめざして
著作者等 岸本 俊一
志水 英二
書名ヨミ ココマデ キタ リッタイ エイゾウ ギジュツ : キュウキョク ノ ディスプレイ オ メザシテ
書名別名 Kokomade kita rittai eizo gijutsu
シリーズ名 K books series 156
出版元 工業調査会
刊行年月 2000.8
ページ数 186p
大きさ 19cm
ISBN 4769311885
NCID BA4779849X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想