南極に暮らす : 日本女性初の越冬体験

坂野井和代, 東野陽子 著

1957年に始まった日本の南極観測。その史上初めて、1997‐99年、越冬隊への女性参加が実現した。二人の大学院生は、「白い大陸」の男社会のなかで何を見、何を体験したのか。極寒と吹雪のなかの危険、息をのむオーロラの神秘から、喫茶店もバーもあり、何とお花見もサッカーも競馬も楽しむ暮らしまで、知られざる実情を報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 やっと実現した夢-南極へ(1)
  • 2 突然決まった大旅行-南極へ(2)
  • 3 南極にいるという実感-昭和基地の夏(1)
  • 4 予期せぬ肉体労働-昭和基地の夏(2)
  • 5 楽しい孤立社会、壮麗な自然-越冬の日々(1)
  • 6 お花見も、サッカーも-越冬の日々(2)
  • 7 息をのむ光の乱舞-オーロラ観測
  • 8 極寒と悪天候の中で-地震野外観測
  • 9 昭和基地との別れ-二度目の夏(1)
  • 10 最後の観測旅行-二度目の夏(2)
  • 11 素晴らしい仲間たち-帰国の後に(1)
  • 12 大変だったのは男性たち-帰国の後に(2)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南極に暮らす : 日本女性初の越冬体験
著作者等 坂野井 和代
東野 陽子
書名ヨミ ナンキョク ニ クラス : ニホン ジョセイ ハツ ノ エットウ タイケン
書名別名 Nankyoku ni kurasu
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.7
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4000015524
NCID BA47760770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20095068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想