日本近代史の総括 : 日本人とユダヤ人、民族の地政学と精神分析

湯浅赳男 著

戦後の日本人の歴史認識を問う。維新から敗戦までの対外関係史を西ヨーロッパ文明圏との対比を軸に、壮大な文明史水位で一挙に読み解く。「歴史学的想像力」復権の第三弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 総括は民族を成熟させる
  • 1章 東アジア世界体制の解体(朝貢冊封体制の破壊
  • 東アジア文明の中の日本
  • 近代国際社会と当面させられる日本)
  • 2章 日米の宿命の関係(同盟国から仮想敵国へ
  • 幻想のアジア
  • 米中同盟=日本の破滅 ほか)
  • 3章 ユダヤ人の歴史から学ぶもの(結局ユダヤ人も国家を再建した
  • ユダヤ人を鍛練したもの
  • ユダヤ人の近代化への苦闘 ほか)
  • 4章 人類社会の中の日本(地政学から精神分析へ
  • 日本人の精神の発展段階)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代史の総括 : 日本人とユダヤ人、民族の地政学と精神分析
著作者等 湯浅 赳男
書名ヨミ ニホン キンダイシ ノ ソウカツ : ニホンジン ト ユダヤジン ミンゾク ノ チセイガク ト セイシン ブンセキ
書名別名 Nihon kindaishi no sokatsu
出版元 新評論
刊行年月 2000.7
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 4794804938
NCID BA4769630X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20088343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想