外国人来琉記

山口栄鉄 編訳・解説

世界が身近にあった沖縄。航海記が語る大琉球の姿。よみがえる交流の歴史。ここにあった日本の交流史の原点。沖縄サミット記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 南蛮人の琉球見聞録
  • 2 黎明期の琉英関係
  • 3 バジル・ホールの来琉
  • 4 バジル・ホールに続く英船四艘
  • 5 日本への門戸、キリスト教伝道の拠点
  • 6 那覇港沖に黒船の艦隊!!
  • 7 消える琉球王朝
  • 8 古琉球の残映
  • 9 近代琉球学の芽生え
  • 10 大正期の沖縄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外国人来琉記
著作者等 山口 栄鉄
書名ヨミ ガイコクジン ライリュウキ
書名別名 Western accounts of the Ryukyus
出版元 琉球新報社
刊行年月 2000.7
ページ数 263p
大きさ 22cm
ISBN 4897420296
NCID BA47657385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20115353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想