子ども時代の扉をひらく : 七つの物語

アリス・ミラー 著 ; 山下公子 訳

おとなに傷つけられた子どもは「悪いのは自分」と思い込む。抑えつけた怒りは無意識のうちに残り、おとなになったその子は他人や自分を破壊してゆく。しかしかけがえのない子ども時代に目覚めるなら、過去のつらい現実と対決し真実の生を手に入れることができる。本書の7つの物語では、親子・友人・配偶者同士が真摯に語り合い、子ども時代に受けた傷、性的虐待からの癒しをさぐっていく。それに続く省察では、独裁者・教祖・クライエントを搾取する心理療法家がなぜ後をたたないのか、恐るべき人間支配のメカニズムに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物語(クラウディアとダニエル-30年後
  • ジョランタとリンダ-心からの歓迎
  • サンドラ-思い切って口に出して、よかった
  • アニカ-とにかくやってみた
  • ヘルガ-涙の商品価値
  • グロリア-心の智恵
  • マーゴットとリルカ-ワルシャワとシドニーの間で)
  • 省察(独裁者や教祖はどう機能するか
  • 憎しみはどのように生ずるのか)
  • エピローグ-世代間の対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども時代の扉をひらく : 七つの物語
著作者等 Miller, Alice
山下 公子
ミラー アリス
書名ヨミ コドモ ジダイ ノ トビラ オ ヒラク : ナナツ ノ モノガタリ
書名別名 Wege des Lebens
出版元 新曜社
刊行年月 2000.7
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 4788507277
NCID BA47615829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20085942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想