フランス革命を考える

フランソワ・フュレ [著] ; 大津真作 訳

歴史家・思想家たちによってこぞって顕彰され、その記念碑に銘文が書き続けられる「フランス革命」。この革命は歴史的事象として果たして正当に位置づけられているのだろうか。トクヴィルに拠りながら、歴代の革命史家によって歪曲された革命像を論争的に検討し、等身大の歴史として革命を脱神話化する問題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 フランス革命は終わっている
  • 第2部 三つの可能なフランス革命史(革命家の教理問答
  • トクヴィルとフランス革命の問題
  • オギュスタン・コシャン-ジャコバン主義の理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス革命を考える
著作者等 Furet, François
大津 真作
Furet Fran〓cois
フュレ フランソワ
書名ヨミ フランス カクメイ オ カンガエル
書名別名 Penser la Révolution française
シリーズ名 岩波モダンクラシックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.7
ページ数 444p
大きさ 20cm
ISBN 4000265326
NCID BA47596713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想