集団規範の実証的研究 : 拡充されたリターン・ポテンシャル・モデルの活用

佐々木薫 著

[目次]

  • 第1部 概念規定と測定法(集団規範の概念
  • 測定方法の検討-リターン・ポテンシャル・モデルの実用化と拡充)
  • 第2部 構造特性の規定要因(欠勤に関する職場規範の調査研究
  • 欠勤および遅刻に関する職場規範の調査研究:都市消防の事例研究 ほか)
  • 第3部 変容過程(寮の門限に関する非公式規範の調査研究
  • 寮の門限に関する非公式規範の変動-継時的研究 ほか)
  • 第4部 集団規範と生産性(出席および遅刻に関する規範と集団の成績:吹奏楽部と洋弓部の調査研究
  • 出席および遅刻に関する規範と集団の成績-野球部の調査研究 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 集団規範の実証的研究 : 拡充されたリターン・ポテンシャル・モデルの活用
著作者等 佐々木 薫
書名ヨミ シュウダン キハン ノ ジッショウテキ ケンキュウ : カクジュウサレタ リターン ポテンシャル モデル ノ カツヨウ
シリーズ名 関西学院大学研究叢書 第94編
出版元 関西学院大学出版会
刊行年月 2000.6
ページ数 358p
大きさ 22cm
ISBN 4907654154
NCID BA47590874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20077016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想