帝銀事件の全貌と平沢貞通

遠藤誠 著

1948(昭和23)年1月26日午後3時3分、事件は起きた。東京・豊島区の帝国銀行(当時)椎名町支店に閉店直後50代の男が訪れ、「集団赤痢の消毒薬」と称し、16人の行員に青酸化合物の液体を飲ませた。12人が死亡、4人が重篤に陥った。現金と小切手を盗んで悠々と立ち去った犯人。犯人として逮捕された人は死刑判決確定後32年間も無実を叫び、生きながらえ、刑は執行されず95歳で獄死した。何故、執行できなかったのか…。それは真犯人が別にいたからだ…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 帝銀事件の本質
  • 第1章 平沢貞通さんの半生
  • 第2章 帝銀事件
  • 第3章 第一審の裁判
  • 第4章 第二審および第三審の裁判
  • 第5章 第一次ないし第十六次再審
  • 第6章 第十七次再審
  • 第7章 人身保護請求
  • 第8章 救出活動のその後
  • 第9章 その後の経過

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝銀事件の全貌と平沢貞通
著作者等 遠藤 誠
書名ヨミ テイギン ジケン ノ ゼンボウ ト ヒラサワ サダミチ
出版元 現代書館
刊行年月 2001.1
ページ数 454p
大きさ 20cm
ISBN 4768467792
NCID BA47582071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20179919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想