阿部謹也著作集  第9巻

阿部謹也 著

歴史とは何か。ハーメルンの笛吹き男との出会いをひとつの手がかりに歴史の宇宙を解明し、新しい歴史学を築いた著者の学問の根底には、上原ゼミで学んだ「解るとはどういうことか」という問いがあった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自分のなかに歴史をよむ(私にとってのヨーロッパ
  • はじめてふれた西欧文化
  • 未来への旅と過去への旅 ほか)
  • 2 北の街にて(北の街へ
  • 小樽の四季
  • ヨーロッパ中世遠望 ほか)
  • 3 (社会史とはどういう学問か
  • ドイツにおける「地域」について
  • 西洋中世の下層民について ほか)
  • 4 (大学における学問研究とは何か
  • 自分自身の問題と学問との接点
  • 若かりし頃、心のふるさと ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿部謹也著作集
著作者等 阿部 謹也
書名ヨミ アベ キンヤ チョサクシュウ
書名別名 Abe kin'ya chosakushu
巻冊次 第9巻
出版元 筑摩書房
刊行年月 2000.7
ページ数 563p
大きさ 22cm
ISBN 4480751599
NCID BA47574437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20088633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想