アポトーシスと疾患  免疫・ウイルス系疾患編

米原伸 編

本書では、免疫系を中心として機能するアポトーシス誘導細胞表層レセプター分子であるFasを中心に、免疫系を構築する細胞のアポトーシス、免疫系細胞が引き起こすアポトーシス、そしてウイルス感染細胞におけるアポトーシスをその分野の研究を展開されている方が解説。そして、Fasの系を用いた疾患の治療は可能かという点についても解説を行った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基礎編(アポトーシスと免疫系
  • ウイルス感染とアポトーシス
  • 心臓・血管とアポトーシス)
  • 2 臨床編(アポトーシスとAIDS
  • AIDSとCD95(Fas/Apo‐1)/CD95Lシステム
  • ATL(HTLV‐1) ほか)
  • 3 応用編-治療応用に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アポトーシスと疾患
著作者等 米原 伸
書名ヨミ アポトーシス ト シッカン
巻冊次 免疫・ウイルス系疾患編
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2000.6
ページ数 166p
大きさ 26cm
ISBN 4753218260
NCID BA47550814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想