分解性プラスチックの開発

土肥義治 監修

本書は、「分解性プラスチック」(生分解性プラスチックと光分解性プラスチック)について、廃棄プラスチックの規制や処理の動向をふまえて、各種分解性プラスチックの開発技術、分解性評価技術について、第一線の研究者の方々に解説していただき、さらにインタビュー調査、アンケート調査を含めて、今後の代替可能性、新機能材料としての利用可能性を展望することを狙いとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論
  • 第2章 廃棄プラスチックによる環境汚染と規制の動向
  • 第3章 廃棄プラスチック処理の現状と課題
  • 第4章 分解性プラスチックの開発技術
  • 第5章 分解性の評価技術
  • 第6章 研究開発動向
  • 第7章 特許から見た研究開発動向
  • 第8章 分解性プラスチックの代替可能性と実用化展望-メーカー、ユーザーアンケート調査結果の解析
  • 第9章 市場展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分解性プラスチックの開発
著作者等 土肥 義治
書名ヨミ ブンカイセイ プラスチック ノ カイハツ
書名別名 分解性プラスチックス

Bunkaisei purasuchikku no kaihatsu
出版元 シーエムシー
刊行年月 2000.6
版表示 普及版
ページ数 276p
大きさ 21cm
ISBN 4882310759
NCID BA47536540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想