強制された健康 : 日本ファシズム下の生命と身体

藤野豊 著

ファシズム-それは人間を資源として戦争に動員する。十五年戦争下に推進された、心身の健康を強制する政策と病者・障害者たちへの差別を論じ、「存在に値する命」を選別する国家体制を追及する鮮烈なファシズム論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ファシズム国家が求めた健康
  • 厚生省の新設
  • 厚生運動の提起
  • 「厚生」から「健民」へ
  • 国立公園と厚生運動
  • 「健民」の証明
  • ファシズムの遺産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 強制された健康 : 日本ファシズム下の生命と身体
著作者等 藤野 豊
書名ヨミ キョウセイサレタ ケンコウ : ニホン ファシズムカ ノ セイメイ ト シンタイ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 100
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.8
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4642055002
NCID BA4751790X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20103214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想