拡大する企業の環境責任 : ドイツ循環経済法から日米欧の3つの異なるEPR政策へ

佐野敦彦, 七田佳代子 著

本書では、EPR政策に関わるドイツの容器包装材政策から現在に至るまでの動きを俯瞰すると共に、日本政府委託のOECD調査中間報告も参考としつつ、日本で必要とされる今後の争点を整理した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 3つのEPRをめぐる問題提起
  • 第2章 三つの異なるEPRアプローチ-欧米と日本の比較を通じて
  • 第3章 容器包装リサイクル法の成立及びその途中経過を分析する
  • 第4章 廃電気電子製品リサイクルへのアプローチ
  • 第5章 循環経済法の概要
  • 第6章 ドイツによるEPRの社会実験からの教訓-容器包装令の改正の意味するもの
  • 第7章 拡大型の生産循環責任政策から持続可能性への道標

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 拡大する企業の環境責任 : ドイツ循環経済法から日米欧の3つの異なるEPR政策へ
著作者等 七田 佳代子
佐野 敦彦
佐野環境都市計画事務所
書名ヨミ カクダイスル キギョウ ノ カンキョウ セキニン : ドイツ ジュンカン ケイザイホウ カラ ニチ ベイ オウ ノ 3ツ ノ コトナル EPR セイサク エ
書名別名 Extended producer responsibility

Kakudaisuru kigyo no kankyo sekinin
出版元 環境新聞社
刊行年月 2000.4
ページ数 306p
大きさ 21cm
ISBN 4905622581
NCID BA47481711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20214395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想