ロシア革命史  2

トロツキー 著 ; 藤井一行 訳

二月革命が十月革命へと至る過程にはいかなる必然性があったのか。レーニンの帰国と、「四月テーゼ」の発表。ボリシェヴィキ内に広がる波紋。あくまで戦争継続の姿勢を固持する臨時政府に対し、ついに兵士・労働者の不満が爆発する。「四月事件」そして「六月一八日デモ」…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1巻 二月革命(承前)(軍隊と戦争
  • 支配層と戦争
  • ボリシェヴィキとレーニン
  • 党の再武装
  • 四月事件
  • 第一次連立
  • 進撃
  • 農民
  • 大衆の変化
  • ソヴェト大会と六月デモ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシア革命史
著作者等 Trotsky, Leon
Trot︠s︡kiĭ, Lev Davidovich
藤井 一行
トロツキー
書名ヨミ ロシア カクメイシ
書名別名 История русской революции
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次 2
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.9
ページ数 417, 39p
大きさ 15cm
ISBN 4003412753
NCID BA47478921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20109893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想