オーストラリア : 多文化社会の選択

杉本良夫 著

今日最大数の移民を受け入れ、多民族化の道を進むオーストラリアは、欧米ともアジアとも異なる社会を創出しつつある。在豪二七年の著者によるメルボルン報告は、家族、福祉、教育など日々の暮らしから東ティモール派兵、共和制移行、アボリジニ問題をめぐる取り組みまで、この多文化社会の姿を生き生きと伝え、日本社会のありかたに一考を迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「オーストラリア人」とは誰のことか
  • 2 多文化社会の現場
  • 3 ためらうX世代
  • 4 懐疑的民主主義の世界
  • 5 福祉社会の裾野
  • 6 Bタイプの労働と「生活の質」
  • 7 アボリジニ社会のジレンマ
  • 8 近いアジア・遠いアジア
  • 9 日本から来た「越境人間」たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーストラリア : 多文化社会の選択
著作者等 杉本 良夫
書名ヨミ オーストラリア : タブンカ シャカイ ノ センタク
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.7
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4004306825
NCID BA47477394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20093020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想